TOP ≫ CATEGORY ≫ 押し花作り
CATEGORY ≫ 押し花作り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

カサブランカと赤薔薇の思い出(Part6)

T様から、お写真とメールをいただきました。

とっても素敵に飾って下さって、作品も私も感激です
syarahana2012.10

本日、待ちに待った押し花額を受け取りました。

カサブランカの華やかさ、薔薇の可憐さが、とても素晴らしく
余りの押し花額の素敵さに一時見惚れてしまいました(*^_^*)

今までの私のイメージしていた押し花とは違い

生き生きした色合い・・・(生花の様♪)
立体感・・・(花束の様♪)
大切な人達に頂いた時と同じ美しさです。

早速、飾らせて頂き又一時見惚れてしまいました♪

絵にも、写真にも出せない押し花額の素晴らしさに感動ですね(*^_^*) 」 


っと、私の方が感動してしまうような、嬉しいお言葉をいただきました。
T様に喜んでいただけたことに安心し、嬉しく思います。

「お客様に喜んでもらえること」が、
私の仕事の原動力になっていると、改めて認識しました。


たくさんのブログの中から、選んで下さったこと、
そして、大切な思い出の「カサブランカと赤薔薇」の押し花額を
依頼して下さったことに感謝いたします。

ありがとうございましたm(_ _)m


この押し花額の制作過程をUPしています。
ご興味のある方は、是非ご覧下さい 

スポンサーサイト

カサブランカと赤薔薇の思い出 (Part5)

完成しました~

syrahana2012.10

お譲さんから「お母さんお花好きだから」と言って
高砂席と式の花を全てプレゼント。
沢山のユリの花に囲まれ、家中がユリの香で一杯、
とても素敵なひと時を過ごされたこと。

ご主人からプレゼントされた、真っ赤な薔薇の花束。
息子さんからの、花束贈呈も赤薔薇

T様の大切な「カサブランカと赤薔薇」の思い出
押し花額にしました。

syarahan2012.10
額は三三サイズ(603㎝×452㎝)、デザインなどはお任せでした。

「カサブランカと赤薔薇」どちらも主役級のお花が
仲良く主張出来るデザインを考えました。
脇役に白デンファレ、アスチルべ、
そしてシルバーグレーのドラセナが、落ち着いた大人の雰囲気を演出。

たっぷりっとお花を使って、立体的で華やかに仕上がりました。

カサブランカの香りが漂ってきそうな感じがしませんか?

カサブランカと赤薔薇の思い出(Part4)

前回、薄化粧した押し花でデザインイメージが出来たら、
次は「額と台紙」選び。
これも作品の印象決める、大切な工程です。

額は、上品で豪華な雰囲気のゴールドに即決!

悩んだのは、台紙の色

「エンジ」にしようか…
「ブドウ」にしようか…

悩みます…


「  こっち」っと決めたのは
syarahana2012.10
赤薔薇の色映りが良かった
「ブドウ」色の台紙に決めました。


「T様とご家族が、幸せでありますように」と
メッセージを書き入れます。
syarahana2012.10

そして、この額にT様の大切な思い出のお花
「カサブランカと赤薔薇」の押し花額を制作していきます


カサブランカと赤薔薇の思い出(Part3)

自然な色合いで、押し花を楽しむのも素敵ですが、
長い間、綺麗な色で楽しんで頂きたいので、
前回のブログで、仕上がった押し花を着色していきます。

水分が抜けて黒っぽくなってしまった赤い薔薇は
発色剤を使って、明るい赤色に。
syarahaan2012.10

その他は、押し花用の絵具などを使って、
カサブランカ、デンファレ、ドラセナ…と
1枚、1枚着色をしていきます。

そして、これも…
syarahana2012.10
「芽ねぎ」ではありませんょ(笑)

カサブランカのおしべとめしべ
実物と同じように、グラデーションをつけて着色します。

とっても、とっても地道な作業
でも、仕上がりを大きく左右する工程です、
時間をかけて、丁寧に仕上げます。



こちらは、着色の薄化粧をした花びらを
元の形のお花に組み立てた物です。
syarahana2012.10
デザインを考えながら、お花の向きを考えて組み立てていくのですが、

デザインが…
「あーでもない
「こーでもない」と
「カサブランカと赤薔薇」が素敵に見えるように
「これだ!」っと納得がいくまで考えます…。

カサブランカと赤薔薇の思い出(Part2)

いよいよ「カサブランカと赤バラの押し花額作り」の始まりです!

前回のブログでご紹介しました
T様の大切な思い出のお花、
挙式の様子などがわかるようにと
お写真も送って頂きました。

まずは、お花の準備から、
いつもより早起きをして、世田谷市場までお花を買いに


気品のある姿形、香り高くゴージャスなカサブランカ
syarahaan2012.9

赤薔薇
押し花にした時、綺麗な赤に仕上がる物を選びます。
syarahaan2012.9
その他にも、白デンファレ、シルバーグレーのドラセナ、
バラ、アスチルべなども購入しました。


そして…
ここから、押し花の地道な作業が始まります

乾燥剤の上に、お花を1つ1つバラバラにして並べていきます。
syarahana2012.9
美しく咲いているのを、こんな状態にして可哀想ですが…
綺麗な押し花を作る為には、大切な工程なのです。


赤薔薇も同じように…
(作業に熱中して、写真撮るのを忘れてました~ なので、ピンク薔薇の映像です。)
syarahana2012.9
この作業を何度も繰り返し終了したら、
防水シートで包んで、お花に合った重さで押します!

乾燥シートを毎日交換しながら、
3~7日で押し花が出来上がります。

これから、まだまだ地道な作業が続きますょ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。